キャッシング審査にクレカは影響するの?

クレジットカードを持っていることが、キャッシング審査に何か影響があるのでしょうか?

 

クレジットカードのキャッシング枠と、ショッピング枠の違い知っておくことが、キャッシング審査では重要になります。

 

まず、キャッシングの中でも貸金業者に申し込むなら、総量規制に従った限度額設定になるということを知っておきましょう。銀行カードローンは、貸金業法の規制を受けません。そのため、総量規制額以上も申し込めるという前提です。

総量規制に注意

ここで、クレジットカードはキャッシング枠のみ貸金業法の規制を受けるということに注意が必要になるでしょう。

 

キャッシング枠も含めた額が、総量規制の額となるわけです。
キャッシング枠は審査では、実際には利用していなくても、枠いっぱいまで借りたらと想定して審査されます。

 

申し込みを予定しているキャッシングのほうが、低金利での利用となることもありますね。
キャッシングでできるだけ大きな限度額を設定したいなら、手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を0にしておくほうがよいでしょう。

 

いつの間にかクレジットカードの枚数が増えてしまった方も注意が必要です。

合計したキャッシング枠が、意外と大きな額に到達していることもあります。

 

クレジットカードを持っていることが、キャッシング審査に通らないことに直結するわけではありません。しかし、所持枚数やキャッシング枠に注意しておかないと、新たにキャッシング審査に申し込んでも否決の理由となってしまう可能性があります。