住宅ローンとキャッシング

住宅ローンの審査は、期間が長くなってしまうこともあります。
また、貯蓄などにしっかり回して、できるだけ頭金を大きくしたいことから、手持ちのお金が心もとなくなってしまうこともあるでしょう。

 

こんな時に頼りにしたくなるのは、キャッシングです。
しかし、住宅ローン審査中に、キャッシングを利用しても問題はないのでしょうか?

 

まず、キャッシング枠があるかどうかは、金融機関が個人信用情報機関に照会すれば分かることです。銀行が利用する信用情報機関と、割賦販売法などに基づいた金融機関(信販会社など)が加盟する信用情報機関、貸金業者が加盟している信用情報機関は、実は別れています。

 

しかし、キャッシング枠はもちろん金融機関は照会可能です。

 

もともとキャッシング枠は、実際に借りている額ではなく、その借入枠で審査時に考慮されることになります。そのため、申し込み時にすでにキャッシング枠を持っていたのなら、キャッシングしてもしていなくても審査にさほど大きな影響がないと考えられるのです。

 

しかし、仮審査後にキャッシングに申し込みをする、こんな行動をとってしまうと確実に審査に影響が出てしまうでしょう。申し込みをしたというだけでも記録が残ります。

 

審査に通ったとしても、通らなかったとしても、キャッシングしようとしていることで、お金に困難があると判断されてしまうのです。

 

住宅ローン審査を受ける前にキャッシングを準備しておくという方法があります。
また、急にキャッシングをしなくてもよくなるように、きちんと出費の計画を立てておきたいものですね。